クラフトマンシップ

イタリアで1857年から続くハンドメイドの製法

伝統的なフェルトハットの製法にこだわり、何世代にも渡り忠実に作られてきた帽子。

19世紀の文化遺産として会社の文化的価値も高まっています。

 

フェルト

52の行程を手作業で行い、アレッサンドリア工場では
帽子の製作に7週間を要しています。

 

ストロー

ストローは標高2,550メートルのエクアドルの
山脈中心部にあるクエンカ市で編まれています。
帽子1つを織るのに、最大8ヶ月を要する場合があります。

 

帽子の測定経験

帽子作りの歴史を生きた職人の秘密のカバン